バナー

海洋葬の背景には海洋に関する研究があります

海洋葬と呼ばれる新しい葬儀のスタイルが話題になっています。


単純に海に散骨するだけだと思われがちですが、そんなことはありません。

Weblio辞書に関してとにかく簡単に調べられます。

その背景には海洋工学技術者・研究者の努力があるのです。



ここでは海洋工学技術者・研究者について紹介します。



海洋工学技術者・研究者は海に埋まっている資源を調査するのが主な仕事です。

その他にも海底の地形を探索したり、海中に施設を建築するための情報を収集したりします。また、海の資源を発掘する装置の開発や海洋施設の建築技術の研究等も行います。

近年は海の環境悪化に伴い、環境保全に関する研究も盛んに行うようになりました。

大学の研究室や政府の管轄する研究機関が主な職場になります。

また、海洋での実地作業として、船や潜水艦に乗って作業を行うケースも非常に多いです。
一度海に出ると数週間から数ヶ月の間、一度も陸に上がらないことも珍しくありません。

海にはまだ解明されていない事象が数多くあるので、それらを解明していくのがやりがいです。
毎年いろいろなことが明らかになっていっています。

また、海に埋まっている資源を使うことによって、近年のエネルギー不足や環境汚染を解消できる可能性があることに喜びを感じます。

地球規模の未来に関われることが、大きなやりがいといえます。海洋葬を可能にするには、このような研究者や技術者の努力があるのです。

彼らの活躍によって、海洋葬は今後も発展していくことが期待されています。