バナー

自然葬の種類と特徴について

自然葬とは、遺骨を墓地に埋葬したり、納骨堂に納めたりせずに、海や川、山、宇宙に散骨して自然に還すことです。


ライフスタイルの変化や核家族化など、さまざまな理由で自然葬は注目されており、散骨を行う業者も増えています。

47NEWS情報はこのサイトにおまかせ下さい。

散骨は、節度を持って行えば法律上も問題はありません。



遺骨を粉末状にし、散骨を行う場所の自然環境を考慮し、地主の了解をとる必要があります。



自然葬の種類と特徴について、ご紹介しましょう。

海洋葬は、海上に散骨する方法です。陸地の近くや漁場の近くは避けるなどの配慮が必要です。

また、花束などを大量に投げ入れるのも避けたいものです。

個別散骨、合同散骨、代行の3種類あります。

宇宙葬は、遺骨の一部を専用カプセルに入れてロケットで宇宙に運ぶ方法です。
最後は大気圏に突入して消滅します。

樹木葬は、散骨して中心に木を植える方法や、墓地に埋葬して墓標代わりに木を植える方法などがあります。
墓地への埋葬では、埋葬のたびに1本ずつ植えるケースや、シンボルとなる木の周囲に区画ごとに埋葬するケースなど、業者ごとに特色があります。

自然葬は葬儀の際に行われるだけでなく、墓じまい後に散骨する場合もあります。

墓じまいとは、先祖代々の墓の区画を返却して、墓石を撤去し、遺骨を引き取ることです。お墓の後継者がいなくなって無縁仏となるのを防ぐために墓じまいし、散骨を行う場合には、自治体の改葬証明書か墓地管理者の埋葬証明書が必要になります。